よくある質問

パーソナルコーチングについてよくある質問への回答をまとめました。

クライアントにはどんな方がいますか。

年齢は20代から60代まで。経営層、専門職、投資家、主婦、学生の方など様々な方にご利用いただいています。特に多いのが、経営者や個人事業主の方です。日々のタスク、売上、社員との関わり方、時間の使い方、など、セルフマネジメントのためコーチングを活用されています。

コーチングに興味はありますが、高額な印象があり心配です。

コーチングにご興味をお持ちいただきありがとうございます。体験・継続ともにコーチングでかかる費用は当サイトに掲載している料金のみです。また、自発性を重視するコーチングの特質上、無理な勧誘や申込みの即決を迫ることはありません。もし継続活用に迷われた際は、あなたにとって良い選択を探すサポートをいたします。スタートの時期、お支払い方法についてもお気軽にご相談ください。

コーチングが向かない人はどんな人でしょうか。

例えば「コーチのアドバイスがないと動けない」「コーチに言いたいことを言えない」方です。多くの場合3回目のセッションの頃には、その傾向は改善されています。また、ワイズコーチングでは、フィードバックやリクエストを定期的にいただき、クライアント様が話しやすい環境作りを心がけています。
また心療内科・精神科受診中の方は医師の許可を得てからコーチングを開始いたします。

コーチングのデメリットはどんなことですか。

野球に例えるならば、コーチはあなたの代わりにバッターボックスに立つことはない、ということです。クライアント様の自主性を奪うような行為(例:コーチが考える、調べ物をする、代わりに行動する)ことは基本的にありません。コーチングでは、自分で考え、自分で調べ、自分で行動をしなければいけません。

6ヵ月のコースは長いので3ヵ月で申し込めませんか。

コーチングの活用を検討いただきありがとうございます。過去に3ヵ月でコーチングを提供していました。その際、身につけた行動習慣や物事の捉え方が定着せず、コーチングの効果が薄れることが度々起きました。そのため、現在は6ヵ月間継続で関わり、コーチング終了後も行動習慣や物事の捉え方を定着させることを目指しております。なお、開始後のキャンセルも可能です。その際は申込書類に記載した方法で未消化のセッション料を返金いたします。