IT系自営業(30代・女性)の方のある事例

カテゴリ:コーチング体験談

「新しい家で家族と豊かな時間を過ごすため、今年中に月収50万円になる」

という目標に向け、歩まれている方がいます。
そのため、ひとつの事業を立ち上げます。

一緒に週間計画立て、事業を進めていたところ、2ヵ月過ぎたところで思わぬ事態が発生しました。

対人関係の摩擦が起き、気持ちの上での大きなブレーキがかかったのです。

 

新たなチェレンジに、思わぬ事態はつきものです。

 

こんな時に、明確にすべきたった一つのことは、

 

「わたしはどうしたいか。」

 

これを言葉にすることを、セッションで丁寧にサポートします。

 

そして出てきた言葉は、
「気持ちの乗るところはやる。

気持ち乗らないところは、とりあえずそのままにしたい」

 

 

という答え。

 

ずるいと思いますか?

 

あなたがしたいと思うこと、それが答えなんです。

 

言い訳も、逃げたい気持ちも、傷つきたくない私も、ずるい私も、そのままがいい。

コーチは、ああしなきゃ、こうしなきゃ、と人生をいじくりまわさせません。

 

あなたが、あなたの出した答えを大切にする。すると、何かが起きます。

ジャズのセッションのように、いつ、何が起きるかは、誰にも予測できません。

 

 

そんな中、先日のセッションで、クライアントさんからこれまでをふりかえりこのような報告いただきました。

 

9月、素敵なパートナーができました!
10月、ある本を読んだことがきっかけで、マイナス思考に大きく左右されることがなくなりました!
11月、この事業が進まなくなった原因の人間関係の、心のわだかまりが取れました!
11月、助けてほしいと思っていた別事業に、大きな民間団体が動いてくれることになりました!

そして、仕事に強力なパートナーが現れ、月収50万円になる見通しがたちました!

 

コーチングを始めるときに、欲しいと思っていたものが、次々に手に入ってきているそうです。

そして今、引っ越しに向けた準備をひとつひとつ進行中です。

このカテゴリーの関連記事:

お客様の声「自問自答から抜け出すことができました」

昨年の夏より半年のコーチングを受けられた WEBデザイナーのC様(30代)から、 終了後のご感想をいただきました。 ・・・・・・・... [記事を読む]

体験セッションのご感想をいただきました

先日、体験セッションを受けられたTさまより、ご感想をいただきました。 ライフオーガナイザーという肩書を持つ片付けの専門家のT様。   ... [記事を読む]

一番上のメニューへ戻る