体験セッションのご感想をいただきました

カテゴリ:コーチング体験談

先日、体験セッションを受けられたTさまより、ご感想をいただきました。

ライフオーガナイザーという肩書を持つ片付けの専門家のT様。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きっかけは5年前にたてたビジネスプランニングが、子供たちの病気の発症、発達障害の発覚、不登校 父の死という現実に、目の前にあることをこなすことでいっぱいいっぱいで目標の1年分くらいしか進んでいませんでした。

 

長男は、一番症状の出やすい思春期を過ぎ落ち着いてきた。

次男も希望の高校を見つけそこに気持ちが向かい始め、携わってくださる先生方が色々配慮をしてくださり、完全不登校から抜け出してきた 。

 

そろそろ自分も、自分を道を見直す頃。

 

と思っていたところに八起さんに声をかけていただきました。 (なんてタイミングでしょう)

一人で考えるよりコーチがいてくれた方が効率的で 自分では気づかない部分を想定、指摘してもえらると思ったこと それからお財布に優しいかったこともあり、お願いをしました。

なんとなく考えていたことを、

言葉としてアウトプットしていくことで、

かなり思考が整理をされ、具現化されて来ました 。

 

全て考えた通りに行かないことはわかっていますので、修正をかけながら、目標としてたてた期日までに、より近い形ができるように頑張りたいと思います 。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何があっても、楽しくやっていくそうおっしゃっていたTさま。

「子供の笑顔をさらに増やすこと」、これを第一歩の目標とし、

今後のビジネスプランの期日を改めて明確にしていきました。

これからのご活躍も、楽しみにしています!

 

一番上のメニューへ戻る

4日間で売上を20%⇒100%にした秘密は、犬の散歩!?

カテゴリ:コーチング体験談

8月お盆明けの最初のセッション。

サービス業をしている個人事業主のクライアントN様の、「8月売り上げやばいんです!」の一言から、始まりました。

毎月、コンスタントに売上目標を達成しているN様が、月半ばすぎて、目標の20%の売上と言うのです。

「商売は2月,8月は儲からないっていうし…。はぁ。」

焦る気持ちが伝わってきます。

 

コーチ:「では、今日は、この時間で何をはっきりさせたいですか。」

N様:「・・・・仕事に向かいやすい自分作りです。」

お仕事の時間帯が深夜のため、基本生活を守ることが大事だとN様はおっしゃいます。

そこで、N様にとって守りたいものは何かを探っていきます。すると、

□7時半までに寝ること

□15時までに起きること

□週に3回、夜明けとともに犬の散歩

この3つに絞られました。

自分が何をすべきかがシンプルになったN様は、それから4日後、目標売り上げ100%に到達することになるのです。

・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

「今の自分に必要なものは何なのか。」

簡単に見えて、なかなか難しいのが自分との対話。

一人で考えて、答えを出すことは、簡単なことではありません。

人は自分だけのためになかなか時間を作らないし、時間を作って考えていても、飽きてきて、答えが出る前に違うこと考え始めてしまう。

自分との対話をスムーズにすることが、コーチングの効果のひとつでもあります。

今年の猛暑のセッション事例をご紹介させていただきました。

 

 

一番上のメニューへ戻る

「漠然とした不安」が「安心」に変わった。

カテゴリ:コーチング体験談

フリーランス向けコーチングを受けられているA様(30代女性・自営業)とのセッションでの出来事です。

以前から、「不安」という言葉が
何度も出てきていたA様。

景気悪くなったり、取引先が減ったり、病気したり…。
心配だ。

年金もあてにならない。

夫も自分も自営業で、お互い、いつまで仕事ができるかわからない。

そう語られます。

お話しを深めていくうちに、A様にとっての「不安」というのは、
将来のお金についてということが明らかになってきました。

問題は、不安が漠然としている状態。

何があれば、不安でないのか。

つまり安心を感じることができるのか。

A様にとっての安心を「見える化」するという作業をすることになりました。

 

 

そこで、コーチングでは、二つのことに取り組むことを提案させていただきました。

①何歳の時点で、いくらあれば安心か。

  毎月、老後夫婦二人が豊かに暮らすためには、最低貯蓄は○○○万円必要など言われますが、

  大事なのは、

  A様にとっての安心は、いくらなのかを、明確にする。

そして、向かうべきゴールは何なのかをはっきりさせることが目的です。

②今、いくらの資産を持っているか。

  こちらは、預貯金、投資資産の時価、保険資産をすべて調べて、
  後日、合計金額をA様ご自身に把握していただきました。  

  現在地を知るための質問です。

資産の合計金額を出すのは、あちらこちらに電話したり、調べたりと
手間はかかったそうですが、
やってみると、
思っていた以上の資産を持っていたことが判明したそうです。

そして、今は、将来への心配する必要ないという気持ちを持つことができたそうです。

 

「漠然」としているものを「見える化」する。

それだけで、人の気持ちに変化を作り出すことが、できるんです。

 

一番上のメニューへ戻る

よくあるご質問①

カテゴリ:よくあるご質問

どんな方がコーチング受けるんですか?という、よくある質問にお答えします。

Y’S COACHINGのクライアント様で一番多いのは、

フリーランスや、2,3人規模で経営をされている起業家自営業の方。
例えば、SHOP経営者、WEB製作者、保険業者、サービス業、コンサルタント、カウンセラー…。
自分の仕事を、全て自己管理しないといけない方が、ゆるやかな自己管理方法としてコーチを活用されるケースが多いです。

会社勤めから自由になるため独立した、という方でも、始業時間も、上司も、同僚もいないという状態では、会社員時代と同じような集中力と行動力を維持していくことは、想像していた以上に難しいと言われています。
指示や注意をされる上司的な存在はもう欲しくない。

でも、ビジネスをうまく行かせるため、プロジェクトの進捗報告や困ったことを相談できる相手がほしい

といったニーズに沿えるよう、サポートさせていただいています。
そして、二番目に多いのが、営業職の方。

金融系営業、不動産営業、保険営業、通信系営業、服飾系営業、化粧品販売営業など。
私が、最も大好きな職種は、営業職。

それは、自己管理がうまくいくことが、数字に反映される職種だと思っているからです。

社内でのサポートでうまくいっていないから、コーチングを活用したいという声が多く聞かれます。

業績を上げるために、何をすればいいか、本人はうすうす気づいていても、周りにそのサポートする体制がなかったりするのです。

コーチングの初めに、あなたが数字を上げるため、取り組むべきテーマはなんなのかを解きほぐしていきます。
これをていねいに探し出す作業が私は大好き。
この作業だけでも、相手のもやもやが、すーーーっと解消されていくのですから。

それは、商品の知識を身につけることであったり、顧客とのコミュニケーション力アップだったり、上司との関係改善であったり、時にはデスクの片づけだったりすることも。

結果として、日々の充実感が増して、成績が安定したり、そして、収入も上がったという報告もあったりもして・・・。

男女比は、現在4:6。ほんの少し女性が多いです。

一番上のメニューへ戻る

◆春の体験セッション キャンペーン◆

カテゴリ:キャンペーンご案内

【期間限定】
Y’s Coachingのコーチング体験セッション

通常価格8,000円が⇒
ホームページからのお申込みで、無料で体験できます。

4月15日(金)までにお申込みの方限定☆

もっと自分の人生をよくしたい、
何か新しいことをはじめてみたい、
自分が変わるきっかけをつかみたい、
心が少しでもざわついたら、
それはチャンスです…!

お問い合わせページより、お申込みできます。

一番上のメニューへ戻る

栽培技術を持った若者を育てたい-トマト農園を営む社会起業家へのインタビュー-

カテゴリ:フリーランスへインタビュー

第一回フリーランスへのインタビューは、糸島で光安農園を営む光安慶悟さんです。
この地でトマトの栽培をはじめて8年目。甘くて味の濃いトマトの生産者として活躍されています。
光安さんは、九州の大学を卒業後、社会起業をするための修行としてIT系ベンチャー企業に就職。広告販売の営業マンとして、仕事されていました。
29歳の時、農業への道を歩み始めます。まず、農業研修を受けるため、宮崎へ赴きます。研修先で訪れたのは宮崎農業高校。
ここで、光安さんとトマトとの出会いがありました。これまで食べたことのないトマトの糖度、味に感銘を受け、トマトの栽培を始める事に決めます。
そして、次の一歩は、農地を探すこと。福岡県糸島市に10aの農地を借り、2棟のビニールハウスからトマト栽培が始まりました。
味の濃い、甘い高品質なトマトを作るためには細かい手間が欠かせないそう。水、温度、肥料、日照などを管理していく過程で、マニュアル化しにくい作業が多数あり、手間がかかるため、高品質なトマトをたくさんつくるのはむつかしいそうです。
そんな中、光安さんは、自身のトマトの大量生産に踏み出しています。
自分の作業をしつつ、スタッフに高品質なトマトに育てるための知識と技術を教えるということに、奮闘している最中だそうです。
ご自身の経験から、会社という組織で働くことも、自営業として働く事もどちらも大変だと語ります。ただ農業者として大変なのは、ハウスの管理を一人でしていると休めないということ。日の出から日没まで農作業のあと、夜遅くまで働く日も珍しくはない。1月から6月までの収穫シーズンは、特に忙しく、文字通り、休みがない。
そんな、忙しい時間の合間を縫って、光安さんは子供たちへの農業体験のイベントを度々企画しています。
それは、栽培技術を持った若者をたくさん育て、日本の農業を守りたいから。
そこには社会起業の一環として農業を選んだ光安さんの熱い思いがあります。
世界には、自分達が食べる分は自分達で作ることができる国がある。そういう国は万が一の事態がおこったとしても、食べる事に困らない。日本をそんな国にしていきたい。
熱い思いがあるから、がんばれる、そんなことを光安さんの話を伺いなから感じました。

“フリーランスインタビューとは…組織に属さない働き方のフリーランス。なぜ、フリーランスを選んだのか、その動機や、日頃考えていること、フリーランスだからこそ必要な自己管理方法など教えていただくいくインタビューです”

一番上のメニューへ戻る

自分に自信が持てたかも!(30代女性・主婦)

カテゴリ:体験セッション

怒りを抑えられず旦那様やお子様に迷惑をかけてしまうことでお悩みだったU様から、体験セッションのご感想をいただきました。

「体験コーチングでは、八起さんの質問に、自分が感じたまま話をして、じっくり聞いて頂きました。上手くまとめて話せなくても、きちんと受け止めて下さって、嬉しいのと安心した気持ちで体験コーチングを受ける事が出来ました。
早速、教えていただいた気持ちのコントロール方法も実践しています。やってみると簡単で、ちょっとした工夫でラクになれるなんて!驚きました。
自分の問題に気付いているのに、上手く対処出来ず、長い間悩み、きっとこれからも同じ事を繰り返すんだろう…と思っていました。
心の整理、目的も出来て、気持ちが楽になったなあ、少し自分に自信が持てたかも、と感じています。」

家族が本当に大事だということが、U様のお話しから伝わってきました。自分にとって大事なものを大事にする。当たり前のことのようですが、これができていないと、自己肯定感が下がり、自己嫌悪感が生まれてきます。どうすれば、家族を大事にできるか、そのキーになる感情コントロール方法をうまくマスターされたU様。これから、ご家族とますます素敵なに時間を重ねていかれることと思います。

 

一番上のメニューへ戻る

4 / 41234