◆◇◆春の体験セッション キャンペーン◆◇◆

カテゴリ:キャンペーンご案内

本日より、

Y’s Coachingのキャンペーンが始まります!
はじめてのコーチングが受けられる定番の体験セッション。
「ちょっとだけコーチング気になるかも」という方が
思わず、体験申し込んじゃったわ、と

なって、

コーチングを受けてみて、

、、、、、、

「あら、なんだかいい感じ」と

素敵な春を過ごしていただけたら、

うれしいなという気持ちを込めて。

 

【コーチング体験セッション】
 通常価格12,000円が⇒キャンペーン特別価格2,000円に!
4月30日(日)までにお申込みの方限定です。

※こちらのキャンペーンは終了しています。

 

天神や博多駅のカフェや
遠方の方は、Skypeでオフィスやご自宅からゆったりと、
セッションを受けていただくことができます。
お時間は2~3時間ほど。

対面でセッションを受けられた方には、目標達成をサポートするプレゼントもついてきます。
詳しくはこちらからご覧ください。

コーチング体験セッションのご案内

一番上のメニューへ戻る

誰でもできるセルフコーチング!

カテゴリ:コーチング関連コラム

今回は、セルフコーチングの方法をお伝えしたいと思います。

 

コーチングセッションは一回45分から60分です。

 

その場で何かを解決したり、
答えを出すこと以上に、時間をかけてしていることがあります。

 

それは「定点観測」という方法で、
自己観察をしてきていただき、
その結果をセッションでふりかえるのです。

 

この「定点観測」というのは、
セルフコーチングで、とても有効な方法として知られています。

やり方は、

 

①自分の状態を観察して記録してくる。
②定期的に記録していく。
③ふりかえる。

 

というものです。

いわゆる観察日記です。

 

日記をつけることで、きづいたことやわかった事実を
コーチングでは今後の行動を決める大切な情報として扱っていきます。

 

先日、定点観測がなかったことで、こんなことが起きました。
※私の体験談です。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・

腕がかゆくなりました。
病院行くと、乾燥肌用の保湿剤が処方されました。

 

言われた通りに毎日保湿剤を塗りますが、よくなる気配はありません。

 

本当に乾燥肌なのか、
違う病気なのに、間違えた診断をされて、
意味のない薬をぬらされたのではないか、
ネットで関連記事を検索し続け、

 

1週間後、再び通院します。

 

ドクター「どうですか?」
私「よくなりません!!」
ドクター「前回は、眠れないほどのかゆみと言っていましたが」
私「え?今はよく眠れてます。」

 

先週より良くなっていたことに、きづいてなかった!
先生疑ってごめんなさい!!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

一週間前の自分の症状がどのようなものだったかを忘れてしまい、
改善していることに気がついていなかった。
よけいな心配をして、随分時間を無駄に使ってしまいました。

 

私たちは、日々の生活の中で、
以前、自分がどんな状態だったのかを
無意識に忘れていきます。

 

だから、
自分のことを書き残しておくことが大事。

例えば、夢や悩み、お金のこと、体重、運動した記録、体調、睡眠の記録など、
今、あなたの気になっていることについて、書いてとめておくのです。

 

そうすると、

後日(テーマによっては数年後の場合もあります)振り返ってみた時に、

自分がなりたい方向に向かえているのか、
進んでいない状態なのか、
もしくは間違った方向に進んでしまっていないかが、

はっきりわかる。

 

次、何するべきかが明確になり、
迷いのない毎日を過ごすことができるのです。

 

観察の記録をつけるのは、
使っている手帳やカレンダーやアプリを活用するのがおすすめです。

毎日なのか、毎週なのか、毎月なのか、数か月置きになのか、年に一回なのか

書く項目に合わせて、頻度をはじめに決めるのがうまくいくコツです。

 

 

 

一番上のメニューへ戻る

ただいま新規のお申込みを一時停止させていただいております。

カテゴリ:未分類

継続セッション・フリーランス向けセッションは定員となりましたので、新規お申込みを一時停止させていただいております。
4月より若干名の継続セッションのスタートを予定です。
募集再開の際は、コラムでもお知らせいたします。

こんなテーマでコーチングは役に立ちますかなど、ご質問はいつでもお受けしておりますので、お気軽にお問合せください。

一番上のメニューへ戻る

お客様の声「自問自答から抜け出すことができました」

カテゴリ:コーチング体験談

昨年の夏より半年のコーチングを受けられた

WEBデザイナーのC様(30代)から、

終了後のご感想をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験セッションを受けてみて、面白そう!

と感じ、コーチングを受けはじめました。

はじめに、このコーチングでの目標を立てました。

コーチングの途中で、価値が変わったことをきっかけに

当初の目標を追うことが重要ではなくなり、目標が変わりましたが、

この半年間で、

コーチと一緒に立てた目標の達成率は60%です。

最終目的に近づいていると感じています。

コーチングを受け始めてから

不思議と良い出来事に恵まれ、

何かを引き寄せたきがします。

以前はああでもないこうでもないと自問自答の日々でしたが、

今はネガティブなことでもありのままに受け入れ

心穏やかに過ごせるようになりました。

目標の一つとしていたインターネットショップは、

周囲の協力を得て

スタートさせることができました。

さらに、人間関係のわだかまりが融け、

恋愛では良いのパートナーにも出会うことが出来ました。

ああでもないこうでもないと自問自答してる人に

八起さんのコーチング勧めたいです。

一番上のメニューへ戻る

八起、コーチングを受ける

カテゴリ:コーチング関連コラム

いい形で一年を締めくくことができそうだ

と思っているちかごろの八起です。

 

今年は、90%以上のクライアント様の目標が実現し、

現在進行中のクライアント様の成果も次々と上がってこられている。

 

私のコーチングでは、着実な一歩一歩を重ねて、

描いている夢や願望を手に入れていくのですが、

 

たった一回のセッションで、
目標が実現したとか、

人生の方向が変わったという方も何人もいらっしゃって、

私も驚く場面に何度も遭遇させていただきました。

 

オフの時間では、
好きな建築に思う存分戯れることができ、
子供と音楽活動をするという夢も実現しました。

 

出会いたい人とご縁がつながり、会える日が近づいてきている。

 

こんな年の瀬ですが、

前半は、いろいろありました。

 

働きすぎ。

 

働きすぎました。

 

時間がなくて、余裕もなくて、いつも追われて、
ピリピリしていて。
「余裕ないから今は話しかけないで」という無言のオーラを
家族に出した時期もありました。

 

大好きな映画を一本も観らずに、

深夜2時、3時までたびたび働いてしまい、

無理をごまかすための過食で一ヶ月に一キロペースでの体重増加。

居眠り運転で事故を起こしそうになった。

 

その後、程なくして、体中のリンパが腫れました。

 

体が限界だということを教えてくれたのです。

 

 

そこからひとつひとつ素早く軌道修正をし、
安定した今があるのは、
春からお世話になっているコーチのおかげです。

 

そう、私、八起もコーチをつけ、コーチングを受けているのです。

 

うまくいかなくて煮詰まることだってあるし、

やろうと思ってなかなかやらないことだってある。

 

そんなときに素早く軌道修正をし、

仕事のパフォーマンスを維持する。

そして、なるべくたくさん遊んで、たっぷり寝れるように

自分のためのコーチングセッションを月に2回をうけています。

 

トレーニングや後輩指導のための

セッションを含めると

厳密にいうと、月に5~8回コーチングを受けています。

 

コーチングセッションは、

会社で言えば、定期的なミーティングのようなものです。

 

私自身がコーチングを受けていて思うのは、

 

・時間の使い方の質が上がる。
・人生のバランスがとれる。

 

今、立ち止まって振り返ってみたら、

自分にとって大切なものを大切にする日々を過ごせていると感じることができます。

 

ずっと前から欲しかったものが手に入って

自分の望む暮らしがやってきている。

さらに、理想に近づけるためのアイデアが一日に何度も浮かんで、

気がついたらワクワクする気持ちになっている。

 

 

セルフコーチングでやっても、

同じところをぐるぐる回ることが多く、

気がついたら時間と労力の無駄遣いになりがちです。

 

自分だけのためのコーチングセッション。

限りある時間と体力をうまく使うため、

ひとりのフリーランスとして手放せない習慣の一つです。

 

一番上のメニューへ戻る

よくあるご質問「コーチングってどんなテーマが多いのですか」

カテゴリ:よくあるご質問

「コーチングって、どんなテーマが多いのですか。」

 

よく聞かれるご質問です。
Y’s Coachingで、これまで取り組んできたクライアント様の目標の多くは、

「仕事」 「収入」 「感情」 「時間管理」のいずれかのテーマに当てはまります。

 

「仕事」面では、起業に向けた準備、開業後の軌道にのせる行動のサポート、

また、役職を上げる、業績を上げる、自分の仕事量を減らすこと、プロジェクトの成功、部下の評価を上げること、社内コミュニケーションの改善などをに取り組んできました。

 

仕事に次いで多いのは、「収入」面。

実現したいことがあり、そのための収入を増やさなければいけない。

この場合、「〇月〇日までに〇〇万円の収入を得て〇〇をしている」といったような目標を立てることが多くなります。

実益を目指し、自己投資としてコーチングを活用するという選択です。

仕事の時間の使い方を見直したり、営業のやり方を変えたり、新たなビジネスの開始などのサポートをすることもありました。

 

そして、「感情」面。

自分ひとりで管理するのが最も難しいのは、感情ではないでしょうか。

過剰な不安、強すぎる自己否定、考え過ぎからくる不眠、わかっているけどやめられないといった依存的な行為。

コーチングは、行動を扱う分野で、臨床心理士やカウンセラーとは専門性が異なる分野です。

しかし、感情の変化を作りだすことがテーマとなったとき、成果を出す確率はかなり高い。

クライアントがフォーカスしている感情を、客観的に捉えることができるようなる。

そうなることで、過剰になりすぎた感情とうまく付き合うことができるようになり、

健やかな気持ちで過ごすことができるようになっていきます。

 

 

フリーランスならではのテーマで、「時間管理」もときどきテーマとして出てきます。

ほっとコーヒーを飲む時間が持てるようになる、旅行に行くための休みを作る、手帳で自分の時間管理のスキルを上げる、仕事での徹夜をやめる、といったことがこれまで目標になりました。

就業時間もなく、決まった休みもない自由な働き方は、時間の管理力が人生の質に大きな影響力を持ちます。

 

「コーチングって、どんなテーマが多いのですか。」

 

この質問が気になったあなたが、今興味を持っているのはどんなテーマなのか、

 

私は気になります。

 

一番上のメニューへ戻る

IT系自営業(30代・女性)の方のある事例

カテゴリ:コーチング体験談

「新しい家で家族と豊かな時間を過ごすため、今年中に月収50万円になる」

という目標に向け、歩まれている方がいます。
そのため、ひとつの事業を立ち上げます。

一緒に週間計画立て、事業を進めていたところ、2ヵ月過ぎたところで思わぬ事態が発生しました。

対人関係の摩擦が起き、気持ちの上での大きなブレーキがかかったのです。

 

新たなチェレンジに、思わぬ事態はつきものです。

 

こんな時に、明確にすべきたった一つのことは、

 

「わたしはどうしたいか。」

 

これを言葉にすることを、セッションで丁寧にサポートします。

 

そして出てきた言葉は、
「気持ちの乗るところはやる。

気持ち乗らないところは、とりあえずそのままにしたい」

 

 

という答え。

 

ずるいと思いますか?

 

あなたがしたいと思うこと、それが答えなんです。

 

言い訳も、逃げたい気持ちも、傷つきたくない私も、ずるい私も、そのままがいい。

コーチは、ああしなきゃ、こうしなきゃ、と人生をいじくりまわさせません。

 

あなたが、あなたの出した答えを大切にする。すると、何かが起きます。

ジャズのセッションのように、いつ、何が起きるかは、誰にも予測できません。

 

 

そんな中、先日のセッションで、クライアントさんからこれまでをふりかえりこのような報告いただきました。

 

9月、素敵なパートナーができました!
10月、ある本を読んだことがきっかけで、マイナス思考に大きく左右されることがなくなりました!
11月、この事業が進まなくなった原因の人間関係の、心のわだかまりが取れました!
11月、助けてほしいと思っていた別事業に、大きな民間団体が動いてくれることになりました!

そして、仕事に強力なパートナーが現れ、月収50万円になる見通しがたちました!

 

コーチングを始めるときに、欲しいと思っていたものが、次々に手に入ってきているそうです。

そして今、引っ越しに向けた準備をひとつひとつ進行中です。

一番上のメニューへ戻る

体験セッションのご感想をいただきました

カテゴリ:コーチング体験談

先日、体験セッションを受けられたTさまより、ご感想をいただきました。

ライフオーガナイザーという肩書を持つ片付けの専門家のT様。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きっかけは5年前にたてたビジネスプランニングが、子供たちの病気の発症、発達障害の発覚、不登校 父の死という現実に、目の前にあることをこなすことでいっぱいいっぱいで目標の1年分くらいしか進んでいませんでした。

 

長男は、一番症状の出やすい思春期を過ぎ落ち着いてきた。

次男も希望の高校を見つけそこに気持ちが向かい始め、携わってくださる先生方が色々配慮をしてくださり、完全不登校から抜け出してきた 。

 

そろそろ自分も、自分を道を見直す頃。

 

と思っていたところに八起さんに声をかけていただきました。 (なんてタイミングでしょう)

一人で考えるよりコーチがいてくれた方が効率的で 自分では気づかない部分を想定、指摘してもえらると思ったこと それからお財布に優しいかったこともあり、お願いをしました。

なんとなく考えていたことを、

言葉としてアウトプットしていくことで、

かなり思考が整理をされ、具現化されて来ました 。

 

全て考えた通りに行かないことはわかっていますので、修正をかけながら、目標としてたてた期日までに、より近い形ができるように頑張りたいと思います 。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何があっても、楽しくやっていくそうおっしゃっていたTさま。

「子供の笑顔をさらに増やすこと」、これを第一歩の目標とし、

今後のビジネスプランの期日を改めて明確にしていきました。

これからのご活躍も、楽しみにしています!

 

一番上のメニューへ戻る

4日間で売上を20%⇒100%にした秘密は、犬の散歩!?

カテゴリ:コーチング体験談

8月お盆明けの最初のセッション。

サービス業をしている個人事業主のクライアントN様の、「8月売り上げやばいんです!」の一言から、始まりました。

毎月、コンスタントに売上目標を達成しているN様が、月半ばすぎて、目標の20%の売上と言うのです。

「商売は2月,8月は儲からないっていうし…。はぁ。」

焦る気持ちが伝わってきます。

 

コーチ:「では、今日は、この時間で何をはっきりさせたいですか。」

N様:「・・・・仕事に向かいやすい自分作りです。」

お仕事の時間帯が深夜のため、基本生活を守ることが大事だとN様はおっしゃいます。

そこで、N様にとって守りたいものは何かを探っていきます。すると、

□7時半までに寝ること

□15時までに起きること

□週に3回、夜明けとともに犬の散歩

この3つに絞られました。

自分が何をすべきかがシンプルになったN様は、それから4日後、目標売り上げ100%に到達することになるのです。

・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

「今の自分に必要なものは何なのか。」

簡単に見えて、なかなか難しいのが自分との対話。

一人で考えて、答えを出すことは、簡単なことではありません。

人は自分だけのためになかなか時間を作らないし、時間を作って考えていても、飽きてきて、答えが出る前に違うこと考え始めてしまう。

自分との対話をスムーズにすることが、コーチングの効果のひとつでもあります。

今年の猛暑のセッション事例をご紹介させていただきました。

 

 

一番上のメニューへ戻る

「漠然とした不安」が「安心」に変わった。

カテゴリ:コーチング体験談

フリーランス向けコーチングを受けられているA様(30代女性・自営業)とのセッションでの出来事です。

以前から、「不安」という言葉が
何度も出てきていたA様。

景気悪くなったり、取引先が減ったり、病気したり…。
心配だ。

年金もあてにならない。

夫も自分も自営業で、お互い、いつまで仕事ができるかわからない。

そう語られます。

お話しを深めていくうちに、A様にとっての「不安」というのは、
将来のお金についてということが明らかになってきました。

問題は、不安が漠然としている状態。

何があれば、不安でないのか。

つまり安心を感じることができるのか。

A様にとっての安心を「見える化」するという作業をすることになりました。

 

 

そこで、コーチングでは、二つのことに取り組むことを提案させていただきました。

①何歳の時点で、いくらあれば安心か。

  毎月、老後夫婦二人が豊かに暮らすためには、最低貯蓄は○○○万円必要など言われますが、

  大事なのは、

  A様にとっての安心は、いくらなのかを、明確にする。

そして、向かうべきゴールは何なのかをはっきりさせることが目的です。

②今、いくらの資産を持っているか。

  こちらは、預貯金、投資資産の時価、保険資産をすべて調べて、
  後日、合計金額をA様ご自身に把握していただきました。  

  現在地を知るための質問です。

資産の合計金額を出すのは、あちらこちらに電話したり、調べたりと
手間はかかったそうですが、
やってみると、
思っていた以上の資産を持っていたことが判明したそうです。

そして、今は、将来への心配する必要ないという気持ちを持つことができたそうです。

 

「漠然」としているものを「見える化」する。

それだけで、人の気持ちに変化を作り出すことが、できるんです。

 

一番上のメニューへ戻る

4 / 512345