【1ヶ月でブログ18,000viewになりました!】

カテゴリ:コーチング体験談

嫌な出来事があると、過剰に落ち込んでしまう。
その激しい落ち込みが何日も続いて
困っていたある主婦のクライアントさんの話です。

 

 

去年の秋
2週間に一度のセッションで
対人関係での悩みを
ひとつずつクリアすることから
コーチングは始まりました。

 

 

年が明け
活発性に富んだご自身の行動から
ある資格をスピード取得し
プロとして活動開始されます。

 

 

そして春。
著名ブロガーとの対談のチャンスをつかみ
後押しをゲットされます。

 

 

こうして始めたブログは
一ヶ月で18,000viewに達したそうです。

 

 

これはブログ界で
結構すごい数字だそうです。

 

 

 

 

「日々起きる出来事はあまり変わりません。

 

 

でも、これまで3日落ち込んでいたことが

今は30分で整理ができるようになりました。

 

 

そのおかげですごく行動がしやすくなりました」

 

 

 

クライアントさんはそう語ります。

 

 

 

目に見える成果。
目に見えない変化。

 

私たちは
年収〇〇〇〇万!など
目に見える成果を目標に掲げ
行動計画を立て
アクションを起こそうとしがちです。

 

でも
なんの派手さもない
人には気がつかれないような
目に見えない内面での変化があるからこそ
目に見える成果が手に入るのだと

 

 

私は思います。

 

———————–

クライアントさんのブログ
「毒親育ち、子供を育てる」
絶賛おすすめです!
面白くて続きが気になる。。。
https://warumix.hatenablog.com/

一番上のメニューへ戻る

お客様の声「自問自答から抜け出すことができました」

カテゴリ:コーチング体験談

昨年の夏より半年のコーチングを受けられた

WEBデザイナーのC様(30代)から、

終了後のご感想をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験セッションを受けてみて、面白そう!

と感じ、コーチングを受けはじめました。

はじめに、このコーチングでの目標を立てました。

コーチングの途中で、価値が変わったことをきっかけに

当初の目標を追うことが重要ではなくなり、目標が変わりましたが、

この半年間で、

コーチと一緒に立てた目標の達成率は60%です。

最終目的に近づいていると感じています。

コーチングを受け始めてから

不思議と良い出来事に恵まれ、

何かを引き寄せたきがします。

以前はああでもないこうでもないと自問自答の日々でしたが、

今はネガティブなことでもありのままに受け入れ

心穏やかに過ごせるようになりました。

目標の一つとしていたインターネットショップは、

周囲の協力を得て

スタートさせることができました。

さらに、人間関係のわだかまりが融け、

恋愛では良いのパートナーにも出会うことが出来ました。

ああでもないこうでもないと自問自答してる人に

八起さんのコーチング勧めたいです。

一番上のメニューへ戻る

IT系自営業(30代・女性)の方のある事例

カテゴリ:コーチング体験談

「新しい家で家族と豊かな時間を過ごすため、今年中に月収50万円になる」

という目標に向け、歩まれている方がいます。
そのため、ひとつの事業を立ち上げます。

一緒に週間計画立て、事業を進めていたところ、2ヵ月過ぎたところで思わぬ事態が発生しました。

対人関係の摩擦が起き、気持ちの上での大きなブレーキがかかったのです。

 

新たなチェレンジに、思わぬ事態はつきものです。

 

こんな時に、明確にすべきたった一つのことは、

 

「わたしはどうしたいか。」

 

これを言葉にすることを、セッションで丁寧にサポートします。

 

そして出てきた言葉は、
「気持ちの乗るところはやる。

気持ち乗らないところは、とりあえずそのままにしたい」

 

 

という答え。

 

ずるいと思いますか?

 

あなたがしたいと思うこと、それが答えなんです。

 

言い訳も、逃げたい気持ちも、傷つきたくない私も、ずるい私も、そのままがいい。

コーチは、ああしなきゃ、こうしなきゃ、と人生をいじくりまわさせません。

 

あなたが、あなたの出した答えを大切にする。すると、何かが起きます。

ジャズのセッションのように、いつ、何が起きるかは、誰にも予測できません。

 

 

そんな中、先日のセッションで、クライアントさんからこれまでをふりかえりこのような報告いただきました。

 

9月、素敵なパートナーができました!
10月、ある本を読んだことがきっかけで、マイナス思考に大きく左右されることがなくなりました!
11月、この事業が進まなくなった原因の人間関係の、心のわだかまりが取れました!
11月、助けてほしいと思っていた別事業に、大きな民間団体が動いてくれることになりました!

そして、仕事に強力なパートナーが現れ、月収50万円になる見通しがたちました!

 

コーチングを始めるときに、欲しいと思っていたものが、次々に手に入ってきているそうです。

そして今、引っ越しに向けた準備をひとつひとつ進行中です。

一番上のメニューへ戻る

体験セッションのご感想をいただきました

カテゴリ:コーチング体験談

先日、体験セッションを受けられたTさまより、ご感想をいただきました。

ライフオーガナイザーという肩書を持つ片付けの専門家のT様。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きっかけは5年前にたてたビジネスプランニングが、子供たちの病気の発症、発達障害の発覚、不登校 父の死という現実に、目の前にあることをこなすことでいっぱいいっぱいで目標の1年分くらいしか進んでいませんでした。

 

長男は、一番症状の出やすい思春期を過ぎ落ち着いてきた。

次男も希望の高校を見つけそこに気持ちが向かい始め、携わってくださる先生方が色々配慮をしてくださり、完全不登校から抜け出してきた 。

 

そろそろ自分も、自分を道を見直す頃。

 

と思っていたところに八起さんに声をかけていただきました。 (なんてタイミングでしょう)

一人で考えるよりコーチがいてくれた方が効率的で 自分では気づかない部分を想定、指摘してもえらると思ったこと それからお財布に優しいかったこともあり、お願いをしました。

なんとなく考えていたことを、

言葉としてアウトプットしていくことで、

かなり思考が整理をされ、具現化されて来ました 。

 

全て考えた通りに行かないことはわかっていますので、修正をかけながら、目標としてたてた期日までに、より近い形ができるように頑張りたいと思います 。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何があっても、楽しくやっていくそうおっしゃっていたTさま。

「子供の笑顔をさらに増やすこと」、これを第一歩の目標とし、

今後のビジネスプランの期日を改めて明確にしていきました。

これからのご活躍も、楽しみにしています!

 

一番上のメニューへ戻る

4日間で売上を20%⇒100%にした秘密は、犬の散歩!?

カテゴリ:コーチング体験談

8月お盆明けの最初のセッション。

サービス業をしている個人事業主のクライアントN様の、「8月売り上げやばいんです!」の一言から、始まりました。

毎月、コンスタントに売上目標を達成しているN様が、月半ばすぎて、目標の20%の売上と言うのです。

「商売は2月,8月は儲からないっていうし…。はぁ。」

焦る気持ちが伝わってきます。

 

コーチ:「では、今日は、この時間で何をはっきりさせたいですか。」

N様:「・・・・仕事に向かいやすい自分作りです。」

お仕事の時間帯が深夜のため、基本生活を守ることが大事だとN様はおっしゃいます。

そこで、N様にとって守りたいものは何かを探っていきます。すると、

□7時半までに寝ること

□15時までに起きること

□週に3回、夜明けとともに犬の散歩

この3つに絞られました。

自分が何をすべきかがシンプルになったN様は、それから4日後、目標売り上げ100%に到達することになるのです。

・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

「今の自分に必要なものは何なのか。」

簡単に見えて、なかなか難しいのが自分との対話。

一人で考えて、答えを出すことは、簡単なことではありません。

人は自分だけのためになかなか時間を作らないし、時間を作って考えていても、飽きてきて、答えが出る前に違うこと考え始めてしまう。

自分との対話をスムーズにすることが、コーチングの効果のひとつでもあります。

今年の猛暑のセッション事例をご紹介させていただきました。

 

 

一番上のメニューへ戻る

「漠然とした不安」が「安心」に変わった。

カテゴリ:コーチング体験談

フリーランス向けコーチングを受けられているA様(30代女性・自営業)とのセッションでの出来事です。

以前から、「不安」という言葉が
何度も出てきていたA様。

景気悪くなったり、取引先が減ったり、病気したり…。
心配だ。

年金もあてにならない。

夫も自分も自営業で、お互い、いつまで仕事ができるかわからない。

そう語られます。

お話しを深めていくうちに、A様にとっての「不安」というのは、
将来のお金についてということが明らかになってきました。

問題は、不安が漠然としている状態。

何があれば、不安でないのか。

つまり安心を感じることができるのか。

A様にとっての安心を「見える化」するという作業をすることになりました。

 

 

そこで、コーチングでは、二つのことに取り組むことを提案させていただきました。

①何歳の時点で、いくらあれば安心か。

  毎月、老後夫婦二人が豊かに暮らすためには、最低貯蓄は○○○万円必要など言われますが、

  大事なのは、

  A様にとっての安心は、いくらなのかを、明確にする。

そして、向かうべきゴールは何なのかをはっきりさせることが目的です。

②今、いくらの資産を持っているか。

  こちらは、預貯金、投資資産の時価、保険資産をすべて調べて、
  後日、合計金額をA様ご自身に把握していただきました。  

  現在地を知るための質問です。

資産の合計金額を出すのは、あちらこちらに電話したり、調べたりと
手間はかかったそうですが、
やってみると、
思っていた以上の資産を持っていたことが判明したそうです。

そして、今は、将来への心配する必要ないという気持ちを持つことができたそうです。

 

「漠然」としているものを「見える化」する。

それだけで、人の気持ちに変化を作り出すことが、できるんです。

 

一番上のメニューへ戻る