コーチトレーニングのスタンダードを作る

カテゴリ:コーチング関連コラム

ときどきコーチングの基本を学びに行きます。
シンプルな会話で
ダイナミックにクライアントの視点を変えることができる。
基本を学ぶたびに実感します。
仕事で役立てたい
自分のコミュニケーションを変えたい
それぞれの理由で学ぶ人たちと出会える楽しさ。
そんなことも講座に通う理由の一つです。

 

 

コーチングを学ぶ人に会って、たまに言われるのが
「コーチングって難しいですね。」という言葉。

 

この言葉には少しポカンとしてしまいます。

 

難しい
難しくない
だから何なんでしょう?

 

学んだことを、実生活や仕事でやってみる。
うまくいったりいかなかったりしながらできるようになっていく。
これがコーチングの体得の仕方です。
あなたは、さっき練習したワークで「できた」じゃないですか。

 

 

ふと思います。

 

 

もしかして、あなたはさっき「できた」こと気がついていない?

 

自分のコーチングができているか、できていないのか。
どの程度できているのか、それがわかっていないのではないか。
だから、コーチングは難しいと感じるのではないか……。

 

 

プロコーチでありながら、コーチングを難しく感じている方もいます。

 

 

専門的な視点からみてみましょう。
コーチングの常識では
コーチングセッションがよかったかどうか、適切なものであったかどうか
このフィードバックはクライアントに聞くことになっています。
コーチとクライアント二人の関係性が深まり
よりよいセッション作りに役立ちます。

 

しかしです。

 

クライアントはそう簡単にコーチのコーチングについて本音でフィードバックできません。
そもそもクライアントはコーチングの技術的知識は持っていませんので
伝えられるフィードバックは漠然としています。
セッション中はクライアントのフォーカスは自分の内面に向けているから
コーチングがうまくいっているかどうかはよくわかっていません。

 

ですから、コーチとしての技術を磨くためには
クライアントにだけフィードバックを求めるのでは
全然足りません。

 

もう一つそう思う理由があります。

 

私は、セッションを自分のコーチにオブザーブしてもらいフィードバックをもらう
というトレーニングを定期的に受けています。
このトレーニングを受け始めてから
自分のコーチングに確かな自信を持てるようになりました。

 

自分のセッションに対してコーチングのプロであるコーチから
「できている」ことを教えてもらう、
細やかで具体的なフィードバックをもらう。
我流にならないよう、傲慢にならぬよう、
コーチになってどれだけ年月が経ってもフィードバックを受け続ける。

 

これは、全てのコーチに必要なトレーニングなのではないか?
私もこのトレーニングを後輩コーチのためにやらなければならないのでは?

 

じわじわと思いが高まりました。

そしてワイズコーチングでも
モニターという形でセッショントレーニング指導を進めています。
セッションの会話についてディスカッションをし
よかったところや強みを伝え、改善すべき部分の技術指導をします。
一回の指導でコーチの在り方が変わっていく様子を
何度も目の当たりにしました。

 

 

「このスタイルのトレーニングは、
業界のスタンダードにならなければいけない。」

 

 

回を重ねるごとに思いは強まります。
コーチのセッション力を最短最速で一流にすることができる。
日本のコーチングの質をあげることができる。
地元福岡でローカルコーチをしていたいという私が、
全国発信を考え始めてます。

 

このトレーニングを受け業界のスタンダードにしてくれる
たくさんの協力者が欲しい。
そう思いながら準備を進めています。

 

プロコーチ向け
プロになりたい方へ向けたセッション指導。

 

秋スタートの予定。
準備が整い、お知らせできる時がきたらまた投稿します。

一番上のメニューへ戻る

コーチング資格について想うこと

カテゴリ:コーチング関連コラム

 

以前コーチ資格を持っていましたが
思うことがあり
10年前更新をせずに手放しました。

20代のころは資格は人々が信頼をよせてくれるための大事なリソースの一つでした。 

それから年月が過ぎコーチと名のつく資格が、爆発的に増えました。
一日、二日で取得できる資格もあると聞きます。

今となっては同業者であっても資格名で経験値や技術レベルは識別困難です。
資格とは
「ある一定レベルの技術や価値を提供できる人」

ということが明確にわかるためのもののはず。
しかし種類が増えすぎた今本来の役割を果たせていない。

 

この明確さと曖昧さのはざまで、「一体…資格とはなんなんだ…」

 

とてもモヤモヤするのです。

 

そんな社会になっていても、信頼のおけるものもたくさんあります。
業界で最もよく知られたものが「国際コーチ連盟」の発行する資格です。

 

国際基準で認められたコーチ教育を受けていてセッション実績もあり適切なメンターもいることがわかる
世界共通のコーチ資格なのです。

周囲からたびたびここの資格を勧めてられるのですが
高いハードルがあるのです。

受験資格の一つの条件であるセッション時間数。

合計100時間だったり750時間だったり、マスタークラスだと2500時間になります。

 

その「足・し・算」が

 

私に立ちはだかる壁なのです。
皆、何年もかけて750、2500を目指します。
各々合計時間を把握するためのシステムを構築しているのでしょう。

 

そのシステムを構築すること
そして記録を書きとめることは私には退屈でしかない。

 

仕組み作る時間あったら他の仕事するよ。
クライアントさんに連絡、コラム、事務仕事、書類整理すること山盛りやし
と違う方向に情熱が傾いていく。

そして国際資格取得という、そもそもの目的を見失っていきます。

 

これまで何度か記録を取ってみようと義務感でやってみた経験はあります。

しかし、記録し忘れるし、持続しませんでした。
何に書いたかもわからなくなる始末。
前年度の手帳に書きとめていたのにきづいたら手帳捨てている!

 

 

…このままでは受験しては、セッション時間を詐称してしまいかねない(笑)

 

 

そんなコーチでいいわけがない!

というわけで資格なし。
多くの方が資格を持ったコーチを好むのは事実です。

 

「そういう価値観も突破するだけの技術を備えるわ。」

 

そう決めたのが10年前。

 

技術に対する情熱。

資格を頼れないというプレッシャーという名の緊張感。

記録と足し算から解放された爽快感。
こうして手にしたものとともに歩む方が自分の性に合っている。

このことに気がついたのは、しばらく経ってからのことでした。

一番上のメニューへ戻る

八起さん、なんでこの仕事しているんですか

カテゴリ:コーチング関連コラム

今月体験セッションを受けられたすべて方に
聞かれた質問がありました。
 
それは
「八起さん、なんでこの仕事しているんですか」
 
という問いです。
一つの仕事を長くしていると、見失ってしまいそうになる仕事の理由。

この問いの答えは、自分のためにもはっきりと言葉にしなればいけません。

たとえば理想や憧れがあっても
わたしたちは無意識に自分の思考と行動のパターンに
とらわれてしまいがちです。
 
そこに
 
「あなたのパターンに違いを作りだす」
 
これが私の仕事。
 
あなたのがんばる方向をうまく調整するのです。
 
そうすることで、効率よく仕事が進んだり
プライベートを更に充実させることができます。
結果として、目標や憧れを手にしていくのです。
 
他者という視点が入ると、人はぐっと楽に成果を手することができる。
 
このプロセスを裏方としてサポートさせていただくことに
私は大きなやりがいや喜びを感じるのです。
 
だからパーソナルコーチなんです^^
 
そして
 
その先に目指しているのは
        
「大人が格好いい世の中であること」
 
いろいろあっても、大人が格好よく働いている。
心から楽しんでオフを過ごしている。
 
そんな大人たちを見て
子供たちも今を、活き活きと生きることができるのではないでしょうか。
 
そういう世の中であるための一端を担っていきます。

一番上のメニューへ戻る

ホームページをリニューアルしました

カテゴリ:コーチング関連コラム

ホームページをリニューアルしました。

 

こう書くと、さらりと完成したように伝わる気がします。

 

リニューアルという作業は
ずっと「重要だけど緊急でないもの」にすっぽり当てはまるものでした。

 

そこをああしたい、
ここがこうだったら、
という理想がありながらも
「重要かつ緊急なこと」や
「重要でないけれども緊急なこと」を
優先していてなかなか手をつけられない。

 

気がかりを抱えたまま日々進むのは、
車のドアにスカートを挟んだままドライブしているかのようです。
気になるなぁと思いながら走ると、時折自分の意識が目の前からそれてしまいます。
ちょっと危険です。

 

2月ごろからまとまった時間が作れるようになり
ホームページレベルアップ着手を思い立ったのです。

 

とはいっても意思の力は弱いもの。
作戦が頓挫しないためには工夫が欠かせません。
紙に目標や戦略プラン書き、机の上に置きました。

 

そしてコーチとレベルアップ作戦について話し合います。
それからWebデザイナーさんと打ち合わせ日程決め。
文章の指導をしてもらうためライターさんとも打ち合わせの日程を決める。

 

作業事態は何もしていないのですが、
ここまでで力のいる仕事の大半は完了しました。

 

なぜなら、あとは作業は自動的に進むから。

 

〇〇さんの時間を無駄にしないためにも
会うまでに絶対に仕上げなければー!
という気持ちでせっせと行動をするのです。
どうのこうの言っている暇を自分に作らせない。

 

文章を書く。書く。書く。書く。書く。
自分でできる部分は自分で変更する。
作業方法を検索して、やってみる。
確認。手直し。確認。手直し。確認。手直し……。

 

作業に熱中しすぎて気がつけば夜中の2時3時
ということも何度もやってしまいまいましたが、
やろうと思っていてやっていなかったこと、完了です。

一番上のメニューへ戻る

誰でもできるセルフコーチング!

カテゴリ:コーチング関連コラム

今回は、セルフコーチングの方法をお伝えしたいと思います。

 

コーチングセッションは一回45分から60分です。

 

その場で何かを解決したり、
答えを出すこと以上に、時間をかけてしていることがあります。

 

それは「定点観測」という方法で、
自己観察をしてきていただき、
その結果をセッションでふりかえるのです。

 

この「定点観測」というのは、
セルフコーチングで、とても有効な方法として知られています。

やり方は、

 

①自分の状態を観察して記録してくる。
②定期的に記録していく。
③ふりかえる。

 

というものです。

いわゆる観察日記です。

 

日記をつけることで、きづいたことやわかった事実を
コーチングでは今後の行動を決める大切な情報として扱っていきます。

 

先日、定点観測がなかったことで、こんなことが起きました。
※私の体験談です。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・

腕がかゆくなりました。
病院行くと、乾燥肌用の保湿剤が処方されました。

 

言われた通りに毎日保湿剤を塗りますが、よくなる気配はありません。

 

本当に乾燥肌なのか、
違う病気なのに、間違えた診断をされて、
意味のない薬をぬらされたのではないか、
ネットで関連記事を検索し続け、

 

1週間後、再び通院します。

 

ドクター「どうですか?」
私「よくなりません!!」
ドクター「前回は、眠れないほどのかゆみと言っていましたが」
私「え?今はよく眠れてます。」

 

先週より良くなっていたことに、きづいてなかった!
先生疑ってごめんなさい!!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

一週間前の自分の症状がどのようなものだったかを忘れてしまい、
改善していることに気がついていなかった。
よけいな心配をして、随分時間を無駄に使ってしまいました。

 

私たちは、日々の生活の中で、
以前、自分がどんな状態だったのかを
無意識に忘れていきます。

 

だから、
自分のことを書き残しておくことが大事。

例えば、夢や悩み、お金のこと、体重、運動した記録、体調、睡眠の記録など、
今、あなたの気になっていることについて、書いてとめておくのです。

 

そうすると、

後日(テーマによっては数年後の場合もあります)振り返ってみた時に、

自分がなりたい方向に向かえているのか、
進んでいない状態なのか、
もしくは間違った方向に進んでしまっていないかが、

はっきりわかる。

 

次、何するべきかが明確になり、
迷いのない毎日を過ごすことができるのです。

 

観察の記録をつけるのは、
使っている手帳やカレンダーやアプリを活用するのがおすすめです。

毎日なのか、毎週なのか、毎月なのか、数か月置きになのか、年に一回なのか

書く項目に合わせて、頻度をはじめに決めるのがうまくいくコツです。

 

 

 

一番上のメニューへ戻る

八起、コーチングを受ける

カテゴリ:コーチング関連コラム

いい形で一年を締めくくことができそうだ

と思っているちかごろの八起です。

 

今年は、90%以上のクライアント様の目標が実現し、

現在進行中のクライアント様の成果も次々と上がってこられている。

 

私のコーチングでは、着実な一歩一歩を重ねて、

描いている夢や願望を手に入れていくのですが、

 

たった一回のセッションで、
目標が実現したとか、

人生の方向が変わったという方も何人もいらっしゃって、

私も驚く場面に何度も遭遇させていただきました。

 

オフの時間では、
好きな建築に思う存分戯れることができ、
子供と音楽活動をするという夢も実現しました。

 

出会いたい人とご縁がつながり、会える日が近づいてきている。

 

こんな年の瀬ですが、

前半は、いろいろありました。

 

働きすぎ。

 

働きすぎました。

 

時間がなくて、余裕もなくて、いつも追われて、
ピリピリしていて。
「余裕ないから今は話しかけないで」という無言のオーラを
家族に出した時期もありました。

 

大好きな映画を一本も観らずに、

深夜2時、3時までたびたび働いてしまい、

無理をごまかすための過食で一ヶ月に一キロペースでの体重増加。

居眠り運転で事故を起こしそうになった。

 

その後、程なくして、体中のリンパが腫れました。

 

体が限界だということを教えてくれたのです。

 

 

そこからひとつひとつ素早く軌道修正をし、
安定した今があるのは、
春からお世話になっているコーチのおかげです。

 

そう、私、八起もコーチをつけ、コーチングを受けているのです。

 

うまくいかなくて煮詰まることだってあるし、

やろうと思ってなかなかやらないことだってある。

 

そんなときに素早く軌道修正をし、

仕事のパフォーマンスを維持する。

そして、なるべくたくさん遊んで、たっぷり寝れるように

自分のためのコーチングセッションを月に2回をうけています。

 

トレーニングや後輩指導のための

セッションを含めると

厳密にいうと、月に5~8回コーチングを受けています。

 

コーチングセッションは、

会社で言えば、定期的なミーティングのようなものです。

 

私自身がコーチングを受けていて思うのは、

 

・時間の使い方の質が上がる。
・人生のバランスがとれる。

 

今、立ち止まって振り返ってみたら、

自分にとって大切なものを大切にする日々を過ごせていると感じることができます。

 

ずっと前から欲しかったものが手に入って

自分の望む暮らしがやってきている。

さらに、理想に近づけるためのアイデアが一日に何度も浮かんで、

気がついたらワクワクする気持ちになっている。

 

 

セルフコーチングでやっても、

同じところをぐるぐる回ることが多く、

気がついたら時間と労力の無駄遣いになりがちです。

 

自分だけのためのコーチングセッション。

限りある時間と体力をうまく使うため、

ひとりのフリーランスとして手放せない習慣の一つです。

 

一番上のメニューへ戻る

2 / 212