よくあるご質問「コーチングってどんなテーマが多いのですか」

カテゴリ:よくあるご質問

「コーチングって、どんなテーマが多いのですか。」

 

よく聞かれるご質問です。
Y’s Coachingで、これまで取り組んできたクライアント様の目標の多くは、

「仕事」 「収入」 「感情」 「時間管理」のいずれかのテーマに当てはまります。

 

「仕事」面では、起業に向けた準備、開業後の軌道にのせる行動のサポート、

また、役職を上げる、業績を上げる、自分の仕事量を減らすこと、プロジェクトの成功、部下の評価を上げること、社内コミュニケーションの改善などをに取り組んできました。

 

仕事に次いで多いのは、「収入」面。

実現したいことがあり、そのための収入を増やさなければいけない。

この場合、「〇月〇日までに〇〇万円の収入を得て〇〇をしている」といったような目標を立てることが多くなります。

実益を目指し、自己投資としてコーチングを活用するという選択です。

仕事の時間の使い方を見直したり、営業のやり方を変えたり、新たなビジネスの開始などのサポートをすることもありました。

 

そして、「感情」面。

自分ひとりで管理するのが最も難しいのは、感情ではないでしょうか。

過剰な不安、強すぎる自己否定、考え過ぎからくる不眠、わかっているけどやめられないといった依存的な行為。

コーチングは、行動を扱う分野で、臨床心理士やカウンセラーとは専門性が異なる分野です。

しかし、感情の変化を作りだすことがテーマとなったとき、成果を出す確率はかなり高い。

クライアントがフォーカスしている感情を、客観的に捉えることができるようなる。

そうなることで、過剰になりすぎた感情とうまく付き合うことができるようになり、

健やかな気持ちで過ごすことができるようになっていきます。

 

 

フリーランスならではのテーマで、「時間管理」もときどきテーマとして出てきます。

ほっとコーヒーを飲む時間が持てるようになる、旅行に行くための休みを作る、手帳で自分の時間管理のスキルを上げる、仕事での徹夜をやめる、といったことがこれまで目標になりました。

就業時間もなく、決まった休みもない自由な働き方は、時間の管理力が人生の質に大きな影響力を持ちます。

 

「コーチングって、どんなテーマが多いのですか。」

 

この質問が気になったあなたが、今興味を持っているのはどんなテーマなのか、

 

私は気になります。

 

一番上のメニューへ戻る

よくあるご質問①

カテゴリ:よくあるご質問

どんな方がコーチング受けるんですか?という、よくある質問にお答えします。

Y’S COACHINGのクライアント様で一番多いのは、

フリーランスや、2,3人規模で経営をされている起業家自営業の方。
例えば、SHOP経営者、WEB製作者、保険業者、サービス業、コンサルタント、カウンセラー…。
自分の仕事を、全て自己管理しないといけない方が、ゆるやかな自己管理方法としてコーチを活用されるケースが多いです。

会社勤めから自由になるため独立した、という方でも、始業時間も、上司も、同僚もいないという状態では、会社員時代と同じような集中力と行動力を維持していくことは、想像していた以上に難しいと言われています。
指示や注意をされる上司的な存在はもう欲しくない。

でも、ビジネスをうまく行かせるため、プロジェクトの進捗報告や困ったことを相談できる相手がほしい

といったニーズに沿えるよう、サポートさせていただいています。
そして、二番目に多いのが、営業職の方。

金融系営業、不動産営業、保険営業、通信系営業、服飾系営業、化粧品販売営業など。
私が、最も大好きな職種は、営業職。

それは、自己管理がうまくいくことが、数字に反映される職種だと思っているからです。

社内でのサポートでうまくいっていないから、コーチングを活用したいという声が多く聞かれます。

業績を上げるために、何をすればいいか、本人はうすうす気づいていても、周りにそのサポートする体制がなかったりするのです。

コーチングの初めに、あなたが数字を上げるため、取り組むべきテーマはなんなのかを解きほぐしていきます。
これをていねいに探し出す作業が私は大好き。
この作業だけでも、相手のもやもやが、すーーーっと解消されていくのですから。

それは、商品の知識を身につけることであったり、顧客とのコミュニケーション力アップだったり、上司との関係改善であったり、時にはデスクの片づけだったりすることも。

結果として、日々の充実感が増して、成績が安定したり、そして、収入も上がったという報告もあったりもして・・・。

男女比は、現在4:6。ほんの少し女性が多いです。

一番上のメニューへ戻る