誰でもできるセルフコーチング!

カテゴリ:コーチング関連コラム

今回は、セルフコーチングの方法をお伝えしたいと思います。

 

コーチングセッションは一回45分から60分です。

 

その場で何かを解決したり、
答えを出すこと以上に、時間をかけてしていることがあります。

 

それは「定点観測」という方法で、
自己観察をしてきていただき、
その結果をセッションでふりかえるのです。

 

この「定点観測」というのは、
セルフコーチングで、とても有効な方法として知られています。

やり方は、

 

①自分の状態を観察して記録してくる。
②定期的に記録していく。
③ふりかえる。

 

というものです。

いわゆる観察日記です。

 

日記をつけることで、きづいたことやわかった事実を
コーチングでは今後の行動を決める大切な情報として扱っていきます。

 

先日、定点観測がなかったことで、こんなことが起きました。
※私の体験談です。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・

腕がかゆくなりました。
病院行くと、乾燥肌用の保湿剤が処方されました。

 

言われた通りに毎日保湿剤を塗りますが、よくなる気配はありません。

 

本当に乾燥肌なのか、
違う病気なのに、間違えた診断をされて、
意味のない薬をぬらされたのではないか、
ネットで関連記事を検索し続け、

 

1週間後、再び通院します。

 

ドクター「どうですか?」
私「よくなりません!!」
ドクター「前回は、眠れないほどのかゆみと言っていましたが」
私「え?今はよく眠れてます。」

 

先週より良くなっていたことに、きづいてなかった!
先生疑ってごめんなさい!!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

一週間前の自分の症状がどのようなものだったかを忘れてしまい、
改善していることに気がついていなかった。
よけいな心配をして、随分時間を無駄に使ってしまいました。

 

私たちは、日々の生活の中で、
以前、自分がどんな状態だったのかを
無意識に忘れていきます。

 

だから、
自分のことを書き残しておくことが大事。

例えば、夢や悩み、お金のこと、体重、運動した記録、体調、睡眠の記録など、
今、あなたの気になっていることについて、書いてとめておくのです。

 

そうすると、

後日(テーマによっては数年後の場合もあります)振り返ってみた時に、

自分がなりたい方向に向かえているのか、
進んでいない状態なのか、
もしくは間違った方向に進んでしまっていないかが、

はっきりわかる。

 

次、何するべきかが明確になり、
迷いのない毎日を過ごすことができるのです。

 

観察の記録をつけるのは、
使っている手帳やカレンダーやアプリを活用するのがおすすめです。

毎日なのか、毎週なのか、毎月なのか、数か月置きになのか、年に一回なのか

書く項目に合わせて、頻度をはじめに決めるのがうまくいくコツです。

 

 

 

このカテゴリーの関連記事:

【No music no coaching!】

「楽器を演奏するように コーチングしますね」     横浜のあるコーチが 言いました。   「楽... [記事を読む]

【6月8日コーチのための勉強会開催します!】

どうすれば、コーチングセッションが上達するんでしょうか。コーチングを学んだ方からそんな質問をいただきます。学んだコーチングスキルでセッションで使えるようなるため... [記事を読む]

一番上のメニューへ戻る