【短期間でセッション力が飛躍する方法】

カテゴリ:コーチング関連コラム

「アドバイスをしない関わり方ってこういうものなんですね。」

 

『セッションの学校』体験講座に参加された方から
こんな感想をいただきました。

 

あなたはコーチと言えば
どんな人を思い出しますか?

 

松岡修造さんのように、ポジティブなメッセージを熱く届ける人?
「気合だ!」のアニマル浜口?
迷っている人にアドバイスや教訓を授ける
美輪明宏さんや細木数子さんのようなイメージ?
(20代の方は細木さん知ってるのかなぁ)

 

実は、どれも違うんです。

 

「へー!そうなんだー!」
「で、あなたはどうしたいのー?」

 

思いつく限りで一番近いのは
YOUの関わり方。
芸能人で例えると、ですよ。

 

自分の先入観や思い込みに
とらわれることなく
相手のことをニュートラルに引き出せる。
アドバイスをすることなく
するすると問題が解決していく。

 

そんな関わりができるようになるためには
とにもかくにも練習です☆

 

自分のセッションをどんどん人に聞いてもらう。
それがいいセッションへの一番の近道。
もちろん良質なフィードバックも欠かせません。

 

忙しいから。
人にセッション聞かれるの恥ずかしいから。
今更できてないこと指摘されるの嫌だから。
そんな理由で、技術研鑽を怠るのは
クライアントさんに失礼だと思いませんか。

 

そうはいっても
やる気と気合だけではなかなか続かないセッション練習。

 

ここに行けば必ずセッションが変わる。
自分にしかできないセッションが確立する。

 

そんな場所をつくりました。

 

あなたのクライアントさんのために
未来のクライアントさんのために
『セッションの学校』を役立ててみませんか?

 

・・・・・・・・・・・・
わたしのコーチングが変わる『セッションの学校』
11月21日体験講座開催
https://peraichi.com/landing_pages/view/sessionschool

このカテゴリーの関連記事:

【No music no coaching!】

「楽器を演奏するように コーチングしますね」     横浜のあるコーチが 言いました。   「楽... [記事を読む]

【6月8日コーチのための勉強会開催します!】

どうすれば、コーチングセッションが上達するんでしょうか。コーチングを学んだ方からそんな質問をいただきます。学んだコーチングスキルでセッションで使えるようなるため... [記事を読む]

一番上のメニューへ戻る