コーチトレーニングのスタンダードを作る

カテゴリ:コーチング関連コラム

ときどきコーチングの基本を学びに行きます。
シンプルな会話で
ダイナミックにクライアントの視点を変えることができる。
基本を学ぶたびに実感します。
仕事で役立てたい
自分のコミュニケーションを変えたい
それぞれの理由で学ぶ人たちと出会える楽しさ。
そんなことも講座に通う理由の一つです。

 

 

コーチングを学ぶ人に会って、たまに言われるのが
「コーチングって難しいですね。」という言葉。

 

この言葉には少しポカンとしてしまいます。

 

難しい
難しくない
だから何なんでしょう?

 

学んだことを、実生活や仕事でやってみる。
うまくいったりいかなかったりしながらできるようになっていく。
これがコーチングの体得の仕方です。
あなたは、さっき練習したワークで「できた」じゃないですか。

 

 

ふと思います。

 

 

もしかして、あなたはさっき「できた」こと気がついていない?

 

自分のコーチングができているか、できていないのか。
どの程度できているのか、それがわかっていないのではないか。
だから、コーチングは難しいと感じるのではないか……。

 

 

プロコーチでありながら、コーチングを難しく感じている方もいます。

 

 

専門的な視点からみてみましょう。
コーチングの常識では
コーチングセッションがよかったかどうか、適切なものであったかどうか
このフィードバックはクライアントに聞くことになっています。
コーチとクライアント二人の関係性が深まり
よりよいセッション作りに役立ちます。

 

しかしです。

 

クライアントはそう簡単にコーチのコーチングについて本音でフィードバックできません。
そもそもクライアントはコーチングの技術的知識は持っていませんので
伝えられるフィードバックは漠然としています。
セッション中はクライアントのフォーカスは自分の内面に向けているから
コーチングがうまくいっているかどうかはよくわかっていません。

 

ですから、コーチとしての技術を磨くためには
クライアントにだけフィードバックを求めるのでは
全然足りません。

 

もう一つそう思う理由があります。

 

私は、セッションを自分のコーチにオブザーブしてもらいフィードバックをもらう
というトレーニングを定期的に受けています。
このトレーニングを受け始めてから
自分のコーチングに確かな自信を持てるようになりました。

 

自分のセッションに対してコーチングのプロであるコーチから
「できている」ことを教えてもらう、
細やかで具体的なフィードバックをもらう。
我流にならないよう、傲慢にならぬよう、
コーチになってどれだけ年月が経ってもフィードバックを受け続ける。

 

これは、全てのコーチに必要なトレーニングなのではないか?
私もこのトレーニングを後輩コーチのためにやらなければならないのでは?

 

じわじわと思いが高まりました。

そしてワイズコーチングでも
モニターという形でセッショントレーニング指導を進めています。
セッションの会話についてディスカッションをし
よかったところや強みを伝え、改善すべき部分の技術指導をします。
一回の指導でコーチの在り方が変わっていく様子を
何度も目の当たりにしました。

 

 

「このスタイルのトレーニングは、
業界のスタンダードにならなければいけない。」

 

 

回を重ねるごとに思いは強まります。
コーチのセッション力を最短最速で一流にすることができる。
日本のコーチングの質をあげることができる。
地元福岡でローカルコーチをしていたいという私が、
全国発信を考え始めてます。

 

このトレーニングを受け業界のスタンダードにしてくれる
たくさんの協力者が欲しい。
そう思いながら準備を進めています。

 

プロコーチ向け
プロになりたい方へ向けたセッション指導。

 

秋スタートの予定。
準備が整い、お知らせできる時がきたらまた投稿します。

このカテゴリーの関連記事:

【No music no coaching!】

「楽器を演奏するように コーチングしますね」     横浜のあるコーチが 言いました。   「楽... [記事を読む]

【6月8日コーチのための勉強会開催します!】

どうすれば、コーチングセッションが上達するんでしょうか。コーチングを学んだ方からそんな質問をいただきます。学んだコーチングスキルでセッションで使えるようなるため... [記事を読む]

一番上のメニューへ戻る