【募金企画:2020年の目標を語ろうの会をします】終了しました

カテゴリ:キャンペーンご案内, コーチング関連コラム

1月14日(火)夜21時から、
2020年の目標を
みんなで語ってみませんか?
 
まだ決めてない方
ふわっとしたテーマの方
具体的な目標掲げている方
壮大でも、ささやかでも
どんな目標もOKです。
 
 
私が話し相手(インタビュー)しますので
話すの苦手な方もご安心くださいね。
 
 
なおこの企画の参加費は全額
モンゴルで木を植える活動をしている団体
「バンベン」へ寄付をします。

 

http://banben.jp/products/list.php?category_id=8

サイトが少し古いですが、現在も熱心な植林活動を続けています。
 
 
アマゾン、オーストラリアだけでなく
世界各地で広がる大規模森林火災を
モニターで見ていて
私に何ができるのだろうかと
昨年から考えていました。
 
 
そして
二酸化炭素を吸収する
木を緑を増やす活動団体の
支援者になることに決めました。

 

※1,000円で10本~100本(木の種類による)
の植林ができるそうです。
なお、この植林は黄砂対策を目的としています。

 

昨夜ふと降りてきた企画を形にしました。

初めましての方もそうでない方も
気軽にお申込みいただけたらうれしいです。 
 
 
 
—–2020年の目標を語ろうの会—–
 
日時:1月14日(火)21時~22時
 
定員:5名
※Facebook利用されている方限定です
参加費:1,000円
(当日お支払い方法をお知らせします)
 
開催方法:Facebookメッセンジャーのグループ通話
 
申込方法:Facebook「八起聖子」のメッセンジャーに「1月14日目標を語る会参加希望」とご連絡ください。
 
※ご質問やお問合せもFacebookからどうぞ。
 
※開催前日までに、参加者でグループメッセージを作ります。
 
 
私も目標語ります♪

一番上のメニューへ戻る

【仕組みを作ってスマホとの関係を良好化する方法】

カテゴリ:コーチング関連コラム, 体験セッション

最近、スマホとの関係を見直すクライアントさんが続きます。
 
「全ての悩みは対人関係にある」と
アドラー博士は言いましたが

現在の悩みは「対スマホ関係」も
原因にあると感じざるを得ません。
 
 
断言します。
 
 
スマホ・ネットとの付き合いは
意志の力でコントロールできません。
 
 
なぜならスマホやネットは便利で楽しい。
もっともっと見たくなるもの。
私自身もそうです。
 
 
 
 
 
だから、仕組みを作るしかない。
 
 
  
 
私の周りの方はどんな仕組みを持っているのか
興味があり、何人かの方に尋ねてみました。
 
経営者、リーダー、コーチ仲間、クライアントさん
そして私自身が実践している
スマホ・ネットとの付き合い方の一例をご紹介します。
 
 
 
 
 
・アプリが見られる時間を固定するアプリ使う。
・目の前人優先。(もちろん家族含む)
・子供が帰ってきたらネットから離れる。
・誰かと一緒のときにスマホを触らない。
・メッセージへの返信は時間を決めてする。
・カフェでスマホをテーブルに置かない。
・スマホは家ではひきだしにしまう。
・スマホ解約。
・週末はSNSを離れる。
・休日はスマホを持たずに外出。
・寝室にスマホを持ちこまない。
 
 
 
 
 
スマホやネットが原因で
目の前の人を寂しい思いさせているかも。
本当はすべきことが手つかずになっているのかも。
 
 
 
 
もしも思い当たることがあるのなら
スマホやネットとの付き合い方を
見直すタイミングかもしれません。
 
 
 
あなたが本当に大事にしたいことに
時間とエネルギーを使っていきましょう。
 
 
 
 
 
■自己管理が苦手なビジネスパーソン専用■
ワイズコーチングの選べる体験コーチング
2019年12月のご予約あと1名受付中
2020年1月のご予約も受付中

一番上のメニューへ戻る

【No music no coaching!】

カテゴリ:コーチング関連コラム

「楽器を演奏するように
コーチングしますね」

 

 

横浜のあるコーチが
言いました。

 

「楽器を演奏することを
英語でplayって言う。
それと同じ。

 

八起さんは
コーチングをplayしている。楽しくね」

 

らしいです。
実は、音楽家や演奏家に
憧れを持っている私とって
この言葉は最上級のほめ言葉でした…!!

 

 

そう言われて気づいたことがあります。

 

 

クライアントさんの声を
私は「音」として認識している。

 

できる限り正確に
その「音」を聞き取っていく。
更に、音と音の間の「音」も聞き取る。

 

私にとって
【傾聴】とは
話を聞くことではなく
声や音を聞き取る作業。

 

その「音」は
耳だけでなく、体全体で聞き取ります。

 

だから
頭も心も
できるだけ
雑念のない状態でいるよう
日々心がけています。

 

 

 

私も「音」を発っします。
それはライブです。
好きなフレーズと
アドリブをかけ合わせたもの。

 

相手の発している「音」にのる「音」
相手をリズムにのせる「音」
時に、相手を揺さぶる「音」…

 

 

 

「コーチングは音楽だ」
「No music no coaching」

 

 

 

なんだか格好いいキャッチコピー
になりました。

 

ほんのちょっと
ギターもplayできます♪

一番上のメニューへ戻る

【6月8日コーチのための勉強会開催します!】

カテゴリ:コーチング関連コラム

どうすれば、コーチングセッションが上達するんでしょうか。コーチングを学んだ方からそんな質問をいただきます。学んだコーチングスキルでセッションで使えるようなるためには、効果的な練習方法があることを知っていますか。
 
その一つは、自分のセッションへのプロコーチからフィードバックをもらうこと。自分の持ち味と改善点が明確になることで、短期間であなたのセッションの質を上げることが可能になります。今回このフィードバックを用いたセッション勉強会を、銀座コーチングスクール福岡校代表の江口正勝コーチとともに福岡で開催します。

あなたのコーチングセッションの飛躍の一歩を踏み出してみませんか?

 

 

 

————————————

こんなこと当てはまりませんか。

————————————

 

 

✓コーチ資格を取得したがセッションには自信がない
✓コーチングスクール卒業した後の練習の場を探している
✓セッションの実践練習が不足している
✓セッションが難しい、と感じる
✓コーチとしての実力をもっとつけたい
✓コーチ達に気軽に質問を出来る場が欲しい

 

 

————————————

セッション飛躍のためにこんな内容をご用意しました!

————————————

 

コーチングの基本スキルを学んだあと、コーチングセッションが上達する一番の近道は、「自分のセッションに質の良いフィードバックをもらうこと」です。
つまり、あなたの出来ている部分を知り、修正部分を知ることです。これを客観的に知ることで、短時間であなたのセッション力が飛躍していきます。実践とフィードバック。シンプルで、即効性のある練習です。

 

 

————————————

勉強会では、こんな効果が期待できます!

————————————

 

・あなたのコーチとしての持ち味がわかる!
・自分の課題をズバッと指摘してもらえる!
・その場で改善方法を教えてもらえる!
・スクールの垣根を超えた指導が受けられる!
・コーチ仲間ができる!

 

 

————————————

講師紹介

————————————

 

 

≪江口正勝≫えぐちまさかつ

トイカケル株式会社 代表取締役
銀座コーチングスクール福岡校 代表
1967年9月9日佐賀県みやき町生まれ
デザイン学校を経て不動産開発会社に入社。
キャナルシティ博多のオープンやトリアス久山でコストコ一号店のオープンを担当するなど、商業施設の管理運営に従事する。その後、30代でイタリア企業のベネトンに就職、40代でスウェーデンのアパレル企業H&Mへ転職し、新店舗のオープン担当MGRとして福岡を皮切りに、東京・名古屋・京都・広島など日本各地で勤務。
2015年、九州に戻り、今までの外資企業での経験を活かすべく銀座コーチングスクール福岡校代表に就任、同時に人材育成のための会社を立ち上げ、現在に至る。
セミナー登壇時間 1,742時間(2018年2月末)

 

≪八起聖子≫やおきしょうこ

パーソナルコーチ・セッションの学校代表
1978年生まれ。九州大学文学部卒業。
不動産会社にて、投資営業部にて新人賞を受賞。
株式会社コーチ21(現在の株式会社コーチA)でコーチトレーニングプログラム受講。2004年コーチングカンパニー設立。
企業、公共団体、学校、岩田屋コミュニティーカレッジでコーチング研修講師としても活動。
「自己管理が苦手なビジネスパーソン」のパーソナルコーチとして活動しつつ、友人のコーチ達に提供していた技術指導が評判となり2017年『セッションの学校』を開講。これまでに指導したコーチは全国で延べ63名になる。趣味はライブに行くこと。

 

————————————————————————

 

『コーチングセッション勉強会』

 

 

■日時:6月8日(金)19時~21時30分

■場所:福岡市NPOボランティアセンター「あすみん」
福岡市中央区今泉1-19-22 天神クラス4F
http://www.fnvc.jp/access

■参加費:3,000円

■定員:6名
実践練習が中心になるため、コーチングの基本スキル(傾聴、リフレイン、オープン・クローズドクエスチョンなど)について学んだことがある方・コーチの方が対象です。
■お申込みフォーム:
https://ws.formzu.net/fgen/S34932257/

■ご質問:コメント・メッセージからお気軽にどうぞ。

■主催:福岡コーチングスキル向上委員会

一番上のメニューへ戻る

【やめることから始まる時間管理術】

カテゴリ:コーチング関連コラム

もっとも効果がある時間管理の方法は
【しないことを決める】ことです。

 

 

時間とエネルギーには限りある。

 

 

例えあなたが
「私の人生こんなもんじゃない!」と
強く思っていても

 

これまでの
時間とエネルギーの使い道を
変えていかない限り
同じ道を歩みつづけてしまいます。

 

今のままの状態で
新しいことを始めたら
大抵エネルギー不足に陥ります。

 

 

 

気合や根性でがんばったけど、続かなかった
みなさんそんな経験ありませんか?

 

新しいことを始めるためには
まずやめることを決める。
そしてエネルギーをためなきゃ。

 

 

ところで、あなたにとってやめてみる

もしくは頻度やレベルを下げる価値が
あることってなんでしょう?

 

 

気の進まない飲み会?
だらだら見るテレビ?
生産性の低いネットサーフィン?
いくつかの仕事を減らす?
凝った食事を毎回作ること?

 

 

私は、何に時間を使いたい人なのか。
何をすると幸せなのか。
今していることで
やめたほうがいいことは何なのか…。

 

 

これがわかると
・情報の洪水
・消費欲求をかき立てる広告
・周囲の目
に大きく左右されなくなっていくものです。

 

 

そしてあなたにとってより価値あることに
時間を充てることができるようになります。

 

やめることはとても勇気がいること。
だからこそ、やめるという一歩を踏み出したら
時間の使い方を劇的に変わっていくのです。

 

一番上のメニューへ戻る

【「セッションの学校」5月開講します】

カテゴリ:コーチング関連コラム

この春、コーチとして、一つ上のステージへ行きたいあなたへ、お伝えしたいことがあります。
 
 
コーチとして成長したい。その気持ちが強いほど、私たちは新たな分野の学びに、手を広げがちです。
しかし、本当に必要なのは、新たな学びではありません。
ということは、みなさん薄々気がついていますよね。
私たちが目指すべきは、これまでに学んだコーチングのスキルを、セッションという現場で自在に使えるようになることです。
 
 
短期間でそこへたどり着くためには、秘訣があります。 
 
 
・プロコーチの指導の下、地道にセッション練習を繰り返す。
・地味な道を黙々と歩むこと。
この二つが全てのコーチにとって、一番の成長への近道なのです。
 
 
ところで、みなさんは、ブライアン・オーサーというコーチを知っていますか。キム・ヨナ、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデスをメダルへと導いたフィギュア界最強のコーチです。おおっぴらには人々は言いませんが、成果を出している人はみなよき指導者を側につけているものです。
 
 
なぜオーサーコーチは、メダリストを育てることができるのか。ある番組が特集をしていました。そこで、オーサー流の育成方法と、私のコーチ育成方法にはいくつもの共通点があったことがわかりました。その一つはこのステップです。
 
 
①自由に滑らせる
②癖を分析し把握する
③癖について二人で対話し練習メニューを決める
 
 
オリンピックの金メダルとレベルは違うかもないけれど、コーチの育成のために私のしてきた指導はことは、確かなことだった…!!と思わず熱くなりました。
 
 
①自由にセッションをしてもらう
②しっかりと癖を把握する
③癖についてディスカッションをし対策を共に考える
 
 
特に③については、癖と修正方法についてフィードバックし、しっかり話し合った上で練習する、これまで、コーチ達に向けこのような指導をしてきました。そして、変化していくコーチ達の姿を見てきました。
 
 
例えば、ある時「いいですね!」という口癖を持ったコーチがいました。「いいですね!」は便利な言葉ですが、コーチが繰り返し使うことは危険です。なぜなら、意図せずに相手を上から評価してしまう言葉だからです。この口癖について指摘し、改善方法について話し合い、練習をしました。このコーチの方は無意識に発する「いいですね!」をうまくコントロールできるようになり、クライアントに効果的な承認のメッセージを伝えられるようになりました。
 
 
一体どんなトレーニングをしてるの?と、気になったあなた。
この春、本格的にコーチとしてのステージアップを始動してみませんか?
 
——————————— 
【セッションの学校 5月開講】
体験講座も受付開始しました♪
https://peraichi.com/landing_pages/view/sessionschool

一番上のメニューへ戻る

【コーチは睡眠時間を削ってはいけない】

カテゴリ:コーチング関連コラム

あなたは毎日どのくらい眠っていますか?

 

私たちが思っている普通の睡眠時間(おそらく6~7時間)は
世界基準と比べるととても短い。
大人も子供も世界最短1,2を争う睡眠時間だということが
社会問題になっています。

 

大人も子供も切れやすく、自己肯定感が低い。
うつ病になりやすい人が多いのも
日常的に睡眠が不足しているせいとも言われます。

 

残業、飲み会、二次会、付き合い、テレビ、ネット、ゲーム、長風呂、ぼーっとする時間、家事、勉強、スポーツや習い事。
いろいろ夜にすることはあります。

 

 

しかし、いつもよい仕事をする人は
きちんと眠る習慣を持っています。

 

ある本によると
堀江貴文社長は8時間
イチロー選手は9時間
石川遼選手は10時間
眠る時間を確保していると言います。

 

頭と体をしっかり休めることで
毎日一定のパフォーマンスで
仕事ができるようにしているのです。

 

コーチもしかりです。

プロコーチ用の教科書には7~8時間の睡眠を確保すること
という指導項目があります。

 

クライアントによいコーチングを提供するため
自らの心身を整えておくことが大事な仕事の一つです。

 

睡眠不足の状態は集中力が散漫になりやすく
クライアントさんの話からキャッチできる情報量が少なくなります。

 

そして、クライアントさんに大胆に切り込んでいくことが
できなくなってしまうからです。

 

基本は7~8時間の睡眠。
眠れないときはシエスタ(昼寝)をする。翌日は早く寝る。

 

いつだってベストコンディションでいるため
コーチとして習慣にすべきことの一つです。

 

睡眠確保のために、まずあなたは何をしますか?

 

 

ちなみに
フランスの国民平均睡眠は8時間50分
アメリカは8時間40分ですって。

一番上のメニューへ戻る

【ご好評いただいたセッション勉強会を京都で開催します】

カテゴリ:キャンペーンご案内, コーチング関連コラム

大事なのは
学んだ基本を自在に使えるようになること。
 
 
コーチングの技術向上に
学んだスクールも
地域の垣根もありません。
 
 
日本各地のコーチの
セッション指導をさせてもらいながら改めて感じます。
 
 
「わたしは基本のどこができているのか」
「足りない部分はどこなのか」
 
 
これが客観的に知ることが
コーチとしての成長の第一歩です。
 
 
なのに、そういう個別指導が受けられる場が
コーチトレーニングの業界には
圧倒的に不足している。
 
 
あったとしても大手スクールの上級コース(結構高額…)で
東京のみの開催で、限られた人しか受けられない。
 
 
そこで 
 
 
✓コーチングセッションのスキルアップをしたい。
✓確かな技術を持ちコーチングを仕事にしていきたい。
✓気軽に質問できる場が欲しい
 
 
というコーチとの
小さな勉強会を
今後たくさん開催していきます。
 
 
2018年、スタートは京都から。
 
 
内容は
受けてよし、聞いてよしのデモセッション。
おすすめセッション上達方法のレクチャー。
ご希望に応じてあなたのセッションへのフィードバック。
コーチングに関して聞きたいこと、知りたいこと。
時間の許す限りお答えしていきます。
  
 
先日の勉強会では
このようなご感想をいただきました。
==========================
・デモセッション見てめからうろこが落ちました。
・たった10分でクライアントに変化が起きて驚きました。
・デモセッションについての解説が勉強になった。
・なぜたくさんの練習してもうまくいかないのかがわかった。
・コーチングビジネスについて知りたいことが聞けてよかった。
========================== 
 
 
少人数だからこそ話しやすい場作りのため定員3名。
はじめましての方も
コーチの方でしたら参加大歓迎です。
 
※2018年の京都開催は今回のみの予定です。
 
——————————————–
【セッション勉強会@京都駅】
2018年1月13日(土)13時~15時
場所:イノダコーヒー八条口店(アスティロード京都 1F)
参加希望の方は、お問合せフォームより
メッセージで「1月14日勉強会申込み」とご記入ください。

一番上のメニューへ戻る

【蔦屋書店からコーチングコーナーが消えたわけ】

カテゴリ:コーチング関連コラム

今日本で一番注目を集めている本屋、蔦屋書店六本松店。

ここへ足を運ぶ理由は
コーチング関連本の市場調査です。

 

 

まず結論から。

 

 

旧店舗である国体道路店にあった
コーチング関連本コーナーが

このたびなくなっていました…。

 

 

なくなっていました…。

 

 

一体、コーチングの本はどこへ行ったのでしょうか?

 

 

リサーチの結果
以下の4か所に点在されていたことがわかりました。
(発見できた範囲で)

 

 

①部下の育成・チームマネジメントのビジネスコーナー
②タスク管理などのセルフマネジメントのビジネスコーナー
③子育てコーナー
④スポーツコーナー

 

 

そもそもコーチングは
「人のやる気や才能を引き出すことで目標達成や問題解決に導くコミュニケーション術」と定義とされています。
定義自体がわかりにくいうえに、活用範囲が広すぎます。

 

 

コーチングコーナーを解体して
〇〇コーナーに
コーチングを使ったノウハウ本がある
というのはベストアンサーではないですか。
さすが、蔦屋書店です。

 

コーチングさえあればなんとかなる。
V字回復ができる。
チームが最強になる。
そうやって伝家の秘刀のように
もてはやされた時代は過ぎ去りました。

 
そもそもコーチングは手段のひとつでしかありません。
わたしには解決したいことがある。
わたしにはやらなければいけないことがある。

 

 

そのための手段のひとつでしかないのです。

一番上のメニューへ戻る

【短期間でセッション力が飛躍する方法】

カテゴリ:コーチング関連コラム

「アドバイスをしない関わり方ってこういうものなんですね。」

 

『セッションの学校』体験講座に参加された方から
こんな感想をいただきました。

 

あなたはコーチと言えば
どんな人を思い出しますか?

 

松岡修造さんのように、ポジティブなメッセージを熱く届ける人?
「気合だ!」のアニマル浜口?
迷っている人にアドバイスや教訓を授ける
美輪明宏さんや細木数子さんのようなイメージ?
(20代の方は細木さん知ってるのかなぁ)

 

実は、どれも違うんです。

 

「へー!そうなんだー!」
「で、あなたはどうしたいのー?」

 

思いつく限りで一番近いのは
YOUの関わり方。
芸能人で例えると、ですよ。

 

自分の先入観や思い込みに
とらわれることなく
相手のことをニュートラルに引き出せる。
アドバイスをすることなく
するすると問題が解決していく。

 

そんな関わりができるようになるためには
とにもかくにも練習です☆

 

自分のセッションをどんどん人に聞いてもらう。
それがいいセッションへの一番の近道。
もちろん良質なフィードバックも欠かせません。

 

忙しいから。
人にセッション聞かれるの恥ずかしいから。
今更できてないこと指摘されるの嫌だから。
そんな理由で、技術研鑽を怠るのは
クライアントさんに失礼だと思いませんか。

 

そうはいっても
やる気と気合だけではなかなか続かないセッション練習。

 

ここに行けば必ずセッションが変わる。
自分にしかできないセッションが確立する。

 

そんな場所をつくりました。

 

あなたのクライアントさんのために
未来のクライアントさんのために
『セッションの学校』を役立ててみませんか?

 

・・・・・・・・・・・・
わたしのコーチングが変わる『セッションの学校』
11月21日体験講座開催
https://peraichi.com/landing_pages/view/sessionschool

一番上のメニューへ戻る

1 / 212